どんな色や匂い?

エミューオイルの色や匂いはどうなのでしょうか?
動物性のオイルには動物特有の匂いがするものが非常に多いです。
特に馬油には強烈な匂いがするものがあります。

エミューオイルも製品によっては
匂いが非常に気になるものがあります。
もしこの匂いが気になって、
使用できないという方は
匂いがしにくい物を選ぶといいです。

この動物特有の匂いは
精製過程でかなり減少させることができるようで、
ろ過を繰り返すと匂いが少なくなるようです。

エミューの雫という製品にはこのろ過を2回繰り返しているので、
非常に匂いが抑制されています。
もちろん全く匂いがしないというわけではありませんが、
他の製品と比較しても匂いは気にならない範囲だと思います。

色も基本的には白もしくは黄色に近い白という色がほとんどです。
油なので、温度が低くなると固まってしまう性質があります。
冬場使用するときは暖かくして使用するといいです。
湯煎などが効果的ですね。

■匂いはなぜ残る?

馬油に代表される動物性の油には強い獣臭がします。
これはなぜこのような匂いがするのかというと、
精製方法に問題があるからです。

きちんと精製をしていけば、
匂いはある程度抑えることが出来るのですが、
コスト削減や効率を重視して、
その工程を抜かしている企業が多いのです。

確かに効果は変わらないかもしれませんが、
結局匂いが気になって使用し続けることができなくなっては意味がありません。
匂いを抑制したり、色を白くしたりするのには
化学処理をするという企業も多いです。

しかし、化学処理をするということはアレルギーの原因になったり、
100%天然の成分で作ることができなくなるということです。
そのような方法ではなく、
手間暇をかけて丁寧に加工する方法もあります。

それがOILTEK製法というもので、
オーストラリアの特殊な製法になります。
これは日本ではできない製法で、
手間暇をかけることで品質の高い製品が出来上がるので、
価格が高くなりますが、
本物を使用したいという方はぜひ
品質の高い化粧品を使うことをおすすめします。もっと詳しく調べたい方はこちら⇒プラステンアップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です